Linux / Server

Raspberry Pi4 4GBにUbuntu Server 19.10をインストール

Raspberry Pi4 4GB版にUbuntu Server 19.10をインストールしてみた。

とはいえRaspberry Pi3にUbuntu Server 19.10入れたときとなにも変わらないので以前の記事を。

OSインストール後、各種スペックを確認してみた。

cpuinfo/メモリ情報

BogoMIPSが108.00だそうな。うちにあるRaspberry Pi3が38.40なのでだいぶあがってる。

CPUもCortex-A53(Raspberry Pi3)からCortex-A72(Raspberry Pi4)になってるね。

STREAMによるメモリベンチ

Raspberry Pi4 4GB STREAMベンチ

こんな感じ。

※STREAMはgcc version 9.2.1 20191008 (Ubuntu 9.2.1-9ubuntu2)でコンパイル。

参考までにRaspberry Pi3 1GBのSTREAM結果

Raspberry Pi3 1GB STREAMベンチ

メモリ増えた分だけスコア伸びた感じなのかな。

温度

小さいアルミヒートシンクを3つ、主要なチップに付けた状態でケースファンは無しの状態でSTREAM回した直後で66℃くらいかな。なんとなくSTREAMがそんなに負荷かかってる感じはしないので、重い処理をさせるともっと上がりそう。

ちなみに常時動かしてるRaspberry Pi3が53℃くらい。

さわった感じでも確実にRaspberry Pi4の方が熱いので、何かしらの熱対策はあった方が安心かもしれない。

まとめ

メモリが増えて選択肢が広がったけど、熱対策はあった方がよさそうではある。

すぐに熱暴走するほどではないにせよ、Raspberry Pi3なんかと比べると明らかに熱い。ヒートシンクやファン付きケースの導入も検討かな。

今回はUbuntu Serverをいれたけど、普通にデスクトップとしても使えそうだから、他のOSやGUIも試してみようかな。

Theme by Anders Norén