Linux / Server

IPv6の基本的な所についてまとめ

IPv4が枯渇するからIPv6に移行しないとならんと言われて久しい。

この話が出てきたとき、結構あっさりIPv6に全移行するのかなと思ってたりしたけど、あれから数年経つが未だIPv4が現役な気がする。

とはいえIPv6への移行は避けられないだろうから、今更感はあるけどIPv6について要点をまとめてみる。

IPv6のIP数

約340澗個。(澗 “かん” と読む)

IPv6はアドレス長が128ビットになるので、2の128乗。

IPv4のアドレス長が32ビット。IPv6のアドレス長はその4倍。

つまりIPv4のIP数 約43億個の4乗。つよい。

IPv6のIPアドレス表記法

例) 
1111:2222:3333:4444:ABCD:DCBA:012E:000F

16進数で1~4桁を「:」で区切り8ブロックで表記

アドレスに0のブロックが2個以上続く場合、「::」で省略可。

1234:0000:0000:0000:AAAA:BBBB:CCCC:DDDD

1234::AAAA:BBBB:CCCC:DDDD

このように表記可能。

ただし「::」は一つのアドレス内で1回しか使えない。

1234:0000:0000:4321:AAAA:0000:0000:BBBB

この場合は

1234::4321:AAAA:0000:0000:BBBB

もしくは

1234:0000:0000:4321:AAAA::BBBB

となる。

IPv6のアドレスプレフィックスの表記法

1111:2222:3333:4444:ABCD:DCBA:012E:000F/48

[IPv6アドレス] / [ネットワークプレフィックス(10進数)]

基本的にはネットワークプレフィックス 64ビット、ホストアドレス64ビットで使用するようだ。

参考: http://srgia.com/docs/rfc4291j.html

Theme by Anders Norén