Linux / Server

Raspberry Pi3 + Ubuntu Server 19.10のWi-Fi設定

Raspberry Pi3にはWi-Fiが積んであるのでLANケーブルを接続しなくても使えるようにWi-Fi接続に切り替える。

設定ファイルの編集

# vi /etc/netplan/50-cloud-init.yaml

有線LAN設定項目はethernetsだが、Wi-Fi設定はwifisで設定を行う。

追記した部分は以下

    wifis:
        wlan0:
            addresses:
            - 192.168.1.xxx/24
            gateway4: 192.168.1.xxx
            nameservers:
                addresses:
                - 192.168.1.xxx
            dhcp4: false
            optional: true
            access-points:
                SSID-HOGEHOGE:
                    password: XXXXXXXXX

Raspberry Pi3に設定されているwi-fiアダプタ名はwlan0なので、今回はこの名前で設定を行う。この名前は使用している環境に合わせる。

リモートからの接続を考慮しているため、DHCPではなく固定IPを割り当てる為、addressesに割り当てるIPをセット。

access-points項目でSSID名とpasswordを設定。
※SSID-HOGEHOGEとパスワードのXXXXXXXXXは環境に合わせて適時設定

network:
    ethernets:
        eth0:
            addresses:
            - 192.168.1.xxx/24
            gateway4: 192.168.1.xxx
            nameservers:
                addresses:
                - 192.168.1.xxx
            dhcp4: false
            optional: true
    wifis:
        wlan0:
            addresses:
            - 192.168.1.xxx/24
            gateway4: 192.168.1.xxx
            nameservers:
                addresses:
                - 192.168.1.xxx
            dhcp4: false
            optional: true
            access-points:
                SSID-HOGEHOGE:
                    password: XXXXXXXXX
    version: 2

保存後、適用

# netplan apply

Wi-Fi設定後、wlan0にIPが割り当たっているか確認して完了。

NetworkManager(たぶん不要)

Ubuntuでwi-fi接続する際に、NetworkManagerを使用するケースがあるようだ。
少なくともUbuntu Server 19.10では必要なかった。
(最初いれたんだけど、無くても問題なかったので削除した)

NetworkManagerを使う場合は以下。

# apt-get install network-manager

50-cloud-init.yamlにrendererでNetworkManagerを使用する様に設定

renderer: NetworkManager

以上

Theme by Anders Norén